【気学を学ぶと】九星気学のこと、のんびりお話ししてみる②



こんにちは^^はじめまして。

やすです。



前回は、九星気学ってこんなこと、のとっかかりをお伝えいたしました。



▽前回のブログ『九星気学ってこんなこと①』

https://www.mooveforward.com/post/kigaku002



今回は、他の占い・学問と何が違うの?

をご説明していきます。



GOGO~↓↓↓↓↓↓↓





《九星気学ってこんなこと②》



気学は、天文学であり、運命学の一種でもあります。


対象者の生年月日より

・自分を知り

・自分を動かし

・自分の気と周囲(縁)とのコラボレーション ←みそ


によって自分の運命を切り開いていく学問です。




それじゃあ、その他の運命学は?


四柱推命、算命学:生年月日・時間から割り出した精密な鑑定方法

手相、人相、体相:現在の身体の相・形状を見る鑑定方法

西洋占星術:生年月日から割り出した鑑定方法で、気学でも用いる十二支で関りがある

数秘術:生年月日、名前の読みを元に1~9の数字を用いて組み合わせる鑑定方法

風水:身近なところから運を呼び込む方法、環境学とも呼ばれる

など。。。



運命学と呼ばれるものは色々ありますが、多くが宿命に則ったものが多いです。

なので、「自分」を知ってより生きやすくする方法を学ぶには良いかもしれません。




それでは、その先は?その間で出会ったご縁の広がりはどうなのか?




誰しもが同じ街道ではなく、物や人、環境との縁により新たに開かれた未来を追求できるのが気学になります。






宿命を乗り越えることで人は進化して、真理へ到達します。



私は〇〇な宿命だから。

私は〇〇な親の元で生まれたから。



と思っている内は本来の自分を生きることはできず、そこからの進化は叶わないですね。





因みに、


占いは「裏成り」で、裏の成り立ちを意味します。



物事には必ず理由があり、結果には必ず原因があります。



【自分が宇宙に向けて何を立ち上げたのか?】


原因となる心の状態を探ります。

また、仏教では因果の間には【縁】が存在すると言われおり


気学でも、その縁を重視していきますので頭にしっかり入れておきましょう!!




また、気学では天文学(天体学)による占いなので、人間の都合に合わせて、当たり・外れで見るのではありません。


自分が

宇宙の気に乗っているか? 気に乗っているか?


を見ていきます^^



気学の考え方序章はこんなかんじです。


次回からはもっと細かく、気学の見方『How』に入っていこうと思います。


 

☆鑑定ご希望のかたは、下記URLへ☆


個別で占い鑑定を募集しています^^


今回ブログに書いている九星気学の鑑定でも良し。

それ以外にもカード鑑定、数秘術などご相談内容に合わせて選ぶこともできます。

メニューにないけどこんなこと見て欲しい!これで見て欲しい!も大歓迎です^^

その際は下記よりお願いいいたします♡

お問い合わせページ:https://www.mooveforward.com/contact


やすの占い鑑定へ▽▽▽

https://www.mooveforward.com/fortune-telling