【後天定位図を知る】九星気学のこと、のんびりお話ししてみる⑤



こんにちは^^はじめまして。

やすです。



今回で5回目です!



まだ読んでない(×0×)、気学ってなに?なかたは

ぜひ下のリンクからのんびり読んでみてくださいまし~



▽前回のブログ『九星気学ってこんなこと①』

https://www.mooveforward.com/post/kigaku002




前回は五行についてでした。


今回は、気学鑑定士が穴が空くほど見る後天定位図についてお話しします!



ふむふむ、な視点で見てみてくださいね^^




GOGO~↓↓↓↓↓↓↓





《九星気学ってこんなこと④》


後天定位図について


後天定位図

気学では最も重要な図。

穴が空くほど今後見まくることになると思います~!


たいやきくんの歌が流れてくるほどに。笑





少し解説です。


九星の各定位置のことを、本座(ほんざ)といいます。


中央の場所は、中宮(ちゅうきゅう)



そして、

東・西・南・北の30度を四正といい

60度の場所を四隅といいます。



ここで注意したいのが、

後天定位図では上が南!下が北!左が東!右が西!

地図とは逆なんですね(^^)



用語が沢山出てきたので、目で追いながら

おさらいしていきましょう。


〇 後天定位図では、南の四正が九紫火星の本座です。


〇 後天定位図では、北西の四隅が六白金星の本座です。


〇 後天定位図では、東の四正が三碧木星の本座です。


〇 後天定位図では、中宮が五黄土星の本座です。



こんな感じで反復朗読してみてください^^




それでは次に、時間に着目してみましょう。

それぞれの時間で、星それぞれの特徴を想像できますよ^^



〇東の三碧木星は、5時~7時 

朝日が見える(暗かった所に光がさす)


〇東南の四緑木星は、7時~11時 

太陽が昇る(前向き、発展)


〇南の九紫火星は、11時~13時 

太陽が最も高い(広い範囲で明るく照らす)


〇南西の二黒土星は、13時~17時

太陽が少しずつ沈む(穏やか、帰宅の準備をする)


〇西の七赤金星は、17時~19時 

太陽が沈み月が上がってくる(寂しさ、不足感)


〇西北の六白金星は、19時~23時 

眠りにつく(過去を振り返る)


〇北の一白水星は、23時~1時

外が暗く冷えてくる(物を深く考える)


〇北東の八白土星は、1時~5時

夜中と朝の間(未来を考える、過去を振り返る)


ちなみに、中宮の五黄土星は時間間隔がない星になります。




◎十干と十二支の位置


十二支は時間、1年の月も表します。

四正は十二支1匹で担当

四隅は十二支2匹で担当


十干は東西南北の四正の場所と中央に陰と陽で2つずつ配されています。



◎暦と節替わり


気学では、月のことを節月(せつげつ)といいます。

1年を12の節気(せっき)にわけて、前半と後半に分けます。


1年を24に分けたものが二十四節気(にじゅうしせっき)です。


1年の始まりは立春(毎年2月4日ごろ ※変わる事もあり)で、1月1日が始まりではないのでご注意ください~

また、月の開始日(節入り日/せついりび)も1日ではなく毎月異なります^^



2月寅月 2月4日ごろ

3月卯月 3月6日ごろ

4月辰月 4月5日ごろ

5月巳月 5月6日ごろ

6月午月 6月6日ごろ

7月未月 7月7日ごろ

8月申月 8月8日ごろ

9月酉月 9月8日ごろ

10月戌月 10月9日ごろ

11月亥月 11月8日ごろ

12月子月 12月7日ごろ

1月丑月 1月6日ごろ


このように、毎年変わるため、検索するか

万年暦(書籍)でチェックしてみてください^^




用語が多かったですね

今回はここまでにします♪( ´・ω・`)

 

☆鑑定ご希望のかたは、下記URLへ☆


個別で占い鑑定を募集しています^^


今回ブログに書いている九星気学の鑑定でも良し。

それ以外にもカード鑑定、数秘術などご相談内容に合わせて選ぶこともできます。

メニューにないけどこんなこと見て欲しい!これで見て欲しい!も大歓迎です^^

その際は下記よりお願いいいたします♡

お問い合わせページ:https://www.mooveforward.com/contact



やすの占い鑑定へ▽▽▽

https://www.mooveforward.com/fortune-telling